アコムACマスターカードの審査について

af9920040452

■アコムとマスターカード

アコムは、消費者金融系としては最も早く一部上場を果たし、当時はかなりセンセーショナル(ショッキング)な出来事として騒がれたものです。
なんだかんだ言いながらも、高利貸しが上場したわけですから。それも東証一部。
いろいろ言われた割合に、初値はかなり高額をつけ、それもまた騒がれました。

が、よくよく考えれば、それよりもちょっと金利が低いジャックスやオリコなどは、とっくに上場していたわけですから。
その後、次々にサラリーローン会社が上場しましたが、もはや騒がれることはなくなりました。

そして、オリコ等と同様、アコムもまた、ショッピングカードを付帯するようになりました。
それがACマスターカード。このこともまた、ちょっとした驚きで迎えられたものです。
だって、消費者金融系のATMに、マスターカードのご案内パンフが置いてあるのですから。

■マスターカードとしては審査が早い?

そもそも、アコムなど、サラリーローンの金利が高いのは、回収のリスクが高い=つまり貸し倒れを計算に入れてのことです。
もし、貸した金額全てを回収できるなら、金利は1%であっても儲かるわけです。

マスターカードの提携で、アコムが、そのリスクをどう計算に入れたかは不明ですが、
もともと顧客は消費者金融系に借りに来るほど「お金に逼迫している」人に貸すわけです。それらの人を対象とするからには、リスクの配分の多くはアコム側が負っているのでしょう。

利用者側から見ると、リスクをアコムが負っている分だけ、他のマスター提携カードよりは審査が早くなるわけです

しばらくアコムを利用して、正常な返済(または正常以上の返済)をしていると、利用者には、「ACマスターカードに切り替えませんか?」といった趣旨の案内が来ます。
この時点では、すでにコンピューターが割り出した審査を終えており、利用者がOKを出せば、ほぼACマスターカードは発行されるようです。
現状で、最も審査の早いマスター提携カードと言えるかも知れません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る